秘密にしていた「通貨パワー分析」を限定公開する理由

こんにちは、マイクです。

昨日の記事のクイズはわかりましたか?

おさらいすると、

1. USD
2. EUR
3. JPY
4. GBP
5. AUD
6. CHF
7. CAD
8. NZD

これらポピュラーな8つの「通貨」のパワーを評価しようと思ったら、その全ての組合せの「通貨ペア」を分析する必要があるわけですが、いったいそれはいくつの「通貨ペア」になるでしょうか?

という問題でした。


実はこれは「8つのものから2つを選ぶ組合せの数」という、単純な順列組合せの問題で、答は:

\[{}_8 \mathrm{C}_2=\frac{8!}{(8-2)!\,2!}=28\]

28通貨ペアとなります。


これをわかりやすく表示すると下のような図になります:

20141128currency

通貨ペアの数を数えると、確かに28になっていますね。

各行が基軸通貨(左側の通貨)を、各列が決済通貨(右側の通貨)を、それぞれ表しています。

右上半分しかないのは、通貨ペアの組合せには順番のルールがあるからです。

つまり、

EURGBPAUDNZDUSDCADCHFJPY

という順番があり、2つの通貨でペアを作るときには、上の順番でより左側にある通貨が基軸通貨に、より右側にある通貨が決済通貨になります。

だから左下半分は存在しないわけです。


いずれにしても、これだけの数のチャートを見比べて判断するのは至難の業ですね。笑

当然、「通貨パワー分析」には、計算プログラムが必要です。

そして、マイクは、その計算プログラムに従って算出された各通貨のパワーを、リアルタイムヴィジュアルに表示するインジケータを開発しました。

もう何年も実際のトレードに使用しながら改良を重ね、非常に効果的なものに仕上がっています。

もちろん、計算方法も表現方法も完全にオリジナルのもので、まだどこにも発表していません。


実は、ずっと秘密にしておこうかとも思っていたのですが、「学習プログラム」参加メンバーのみなさんから、この「通貨選択」の部分に関する相談を数多く受けたことから、限定的な公開を決めたものです。

つまり、「学習プログラム」メンバー限定「特別セミナー」に参加される方にのみ、「通貨パワー分析」の全てをお伝えすると共に、このインジケータもお渡しすることにしました。


セミナーの申込み開始は年明けなので、これから学習プログラム」に参加される方もまだ間に合います。

申込み開始を心待ちにしていらっしゃるみなさん、もう少しお待ちください♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*