今週は指標ウィーク ~ 経済指標は3つに分類できる♪

こんにちは、マイクです。

早いもので今日からもう3月ですね!

年度末でお忙しい方も多いと思います。

今週は第1週ということで、市場の方も重要経済指標の発表が目白押しで忙しいですね♪

20160301graph


主なものだけでも:

■3/1(火)

  • 政策金利 (AUD)
  • 失業率 (EUR)
  • GDP (CAD)
  • ISM製造業景況指数 (USD)


■3/2(水)

  • GDP (AUD)
  • GDP (CHF)
  • ADP雇用報告


■3/3(木)

  • 小売売上高 (EUR)
  • ISM非製造業景況指数 (USD)


■3/4(金)

  • 小売売上高 (AUD)
  • 雇用統計 (USD)


これぐらいあります。

もちろん、真打は金曜日の米国雇用統計ですね♪


さて、みなさんは、経済指標にはその数値が表す内容によって、大きく3つに分類できることをご存知でしょうか?


それは・・・

  1. 先行指標
  2. 一致指標
  3. 遅行指標

の3種類です。


先行指標は将来の方向性を、一致指標は現在の様子を、遅行指標は過去の状態を、それぞれ表していると考えられています。


では・・・


先程挙げた今週の主な経済指標は、それぞれ1~3のどれに分類されるでしょうか?


次回までに考えてみてくださいね♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*