先週末の米国新築住宅販売件数の悪化で作られた流れ

こんにちは、マイクです。

今日は朝からテニスの試合に行ってきました。

この炎天下でシングルス、リーグ戦4試合はさすがに疲れました。。

結果は3勝1敗でしたが、何より、この酷暑の中、4試合戦い抜けたことは自信になります。


さて、帰ってチャートを見ると、午前中からドル円・ユーロドルには方向性が出ていましたね。

このきっかけを作ったのは、先週金曜日夜の米国新築住宅販売件数の指標発表です。

結果は市場予想を大幅に下回り、ここでドル円下落・ユーロドル上昇の流れが作られました。

こういう場合、週明けのアジア時間は、流れに追随することが多いですね。


そして、欧州時間に入り、ユーロドルはお昼の高値を勢いよく抜いてきました。

マイクはいつものように「マイクの神器」で第2波を狙います。


【EURUSD】
■1分足
20150727EURUSDM1

いつものように、「環境足」の条件を確認し、「上位足」の局面を判断して、「執行足」でお昼の高値のレジサポラインに引き付け、「マイクの神器」でロングエントリー。


そのまま一直線に直近高値を突破、一度もBB+1σを割ることなく上昇し、FE 161.8%ラインに到達、利確。

+64.8pips


実は、お昼の高値ラインは、先週の高値ラインともほぼ重なります。

やはり、こういう重要な節を突破すると勢いがつきますね♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆
↓↓↓↓↓↓ 

 

「先週末の米国新築住宅販売件数の悪化で作られた流れ」への2件のフィードバック

  1. マイクさん、テニスお疲れさまでした。
    更新が無かったので夏バテしていないか心配していましたw

    これ綺麗なマイクの神器ですね~。
    勉強になりました。
    ありがとうございます(^-^)v

  2. あやさん、心配してくれてありがとう。
    夏バテとは無縁なマイク@テニスバカです。笑

    この神器はよく噴いてくれました。
    環境認識と引き付けの重要性がよくわかる事例ですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*