ECBの追加緩和示唆を受けて資源国通貨が強いですね

こんにちは、マイクです。

昨日の記事でも書きましたが、昨夜、ECB(欧州中央銀行)の金融政策発表後に、ドラギ総裁記者会見が行われました。

そして、市場の期待に応える形で、ドラギ総裁は12月に追加緩和を実施することを強く示唆

当然、ユーロは急落、株式相場は急騰しました。


為替に関して言えば、ユーロの下落に対して強かったのは資源国通貨でした。

特にオセアニア通貨が最も強く、EURAUDは欧州オープン後までに500pips近く下げましたね。


そんな流れでオージーに注目していると、AUDUSDに「マイクの神器」が出現しました♪


【AUDUSD】
■1分足
20151023AUDUSDM1

「環境足」はバリバリの上昇トレンド、「上位足」の局面を確認し、「執行足」で引き付けて「マイクの神器」でロングエントリー。

直近高値をスパッと抜けると、ほどなくFE 100%に到達、利確。

+13.5pips


さてさて、ドラギさんに先を越された黒田さんはどうするのか?笑

来週の日銀金融政策決定会合が楽しみですね♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓ 

 

「ECBの追加緩和示唆を受けて資源国通貨が強いですね」への2件のフィードバック

  1. マイクさん

    いつもブログ更新ありがとうございます。
    私も同じ個所でロングしました。(通貨ペアはオージー円でしたが)

     ①環境足=強いトレンド環境
     ②上位足=押し目(戻り)をつけに行く局面
     ③執行足=環境方向へ動くタイミングを計るツール

    と考えれば、①で監視対象通貨ペアを絞り、②でシナリオを立て、③で的を絞って悠々と待ち構えていられます。(あまり詳しく書くと怒られますね^^;)

    トレンドのない日やSqueeze Dayはチャート見ないでいられます。あと、エントリーすべき優位性の高い場所ってあまり存在しないんだなーと感じます。ホント、無駄打ちが減ってスプレッドコストが半分くらいに下がりました。

    最近、徐々に力を抜くことができるようにもなってきました。
    ゴルフやテニスは力んだり焦ったりするとろくなことがないので、トレードも同じなのかなーなんて考えています。

    自分でも相当上達してきたと実感しています。

    感謝です^^
    K41☆

  2. K41☆さん、こんばんは。

    まさにそうですね~(^^)

    1分足なのに悠々と待ち構えていられるって、「マイクの神器」を知らない人にはわからない感覚でしょうね。笑
    それも、おっしゃる通り「優位性が存在する局面は普通に考えられているよりも遥かに少ない」ということを腑に落としていればこそです♪

    ほんと、力を抜くことが大事なのは、テニスでもゴルフでもピアノでもトレードでも全て一緒ですね!
    来週もナイスショットでいきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*