今週から米国冬時間、そして週末は雇用統計

こんにちは、マイクです。

昨日の日曜日はジャズピアノの仲間たちと、都内の某ライブバーを貸切にしてジャムセッションを行いました♪

20151101tcm

ピアノだけでなく、シンセベース、ドラムも自分たちで持ち回りします。

サックスなどの他の楽器を持ってくる人もいて、普段のピアノトリオとはまた違う雰囲気のアンサンブルができて面白かったです。

最後はみんなでF回し(Key in Fのブルースのアドリブを、交替しながら延々と弾き続ける)をやって、めちゃくちゃ盛り上がりました!

あっという間の5時間でした♪

既にみんな飲みながら弾いていたわけですが(笑)、お開きの後も2次会に行って、ジャズ談義にますますヒートアップ。

そして夜は更けていきました・・・


さて、余談はこのぐらいにして。笑


米国ではサマータイムが終わり、今週から冬時間となりましたね(ちなみに欧州は既に先週から冬時間です)。

夜の指標発表の時間も1時間ずれますので、みなさんご注意ください。

具体的には、これまで21:30、23:00に発表されていたものが、それぞれ22:30、24:00発表となります。


指標発表と言えば、今週末にはまた注目の雇用統計がやって来ますね♪

それだけでなく、今週は重要指標が目白押しです!

ちょっと挙げるだけでも:

【月曜日】
■ISM製造業景況指数(US)

【火曜日】
■RBA政策金利(AU)

【水曜日】
■就業者数/失業率(NZ)
■貿易収支(AU)
■小売売上高(AU)
■ADP雇用報告(US)
■貿易収支(US)
■ISM非製造業景況指数(US)

【木曜日】
■小売売上高(EU)
■BOE政策金利(GB)

【金曜日】
■鉱工業生産(EU)
■鉱工業生産(GB)
■非農業部門雇用者数/失業率(US)

などがあります。


これらをきっかけに、いい流れが出てくれることを期待しましょう♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓ 

 

「今週から米国冬時間、そして週末は雇用統計」への2件のフィードバック

  1. マイクさん、こんにちは。

    ライブバー貸し切りでジャムセッションすごいですね。

    懇親会の時のお話で、他の参加者の方からの質問で、「専業になった後でのお金の使い方について」の質問で、

    自分の人生の幅を広げる為に趣味が必要で、その趣味もやはり一流の人に習ったり、一流の道具など揃えた方がすごく良いし、その為に頑張ってみてはどうですか?

    みたいなお話がありましたが、あれがものすごく衝撃的で印象にありましたので、コメントさせて頂きました。

    FXについても、全体像が分かるまでは執念とも呼べる努力も必要かと思いますが、マイクさんのプログラムで、相場の原理原則を学ばせて頂いた後は、「自分自身の性格とライフスタイルを把握しながら自分自身のトレードとそれらをどのように結びつけていくかどうか?」

    そこがものすごく重要な気がしました。

    理由はトレード=確率変数であり、プラスの期待値のサイコロをただ淡々と繰り返し投げ続ける作業であり、プラスの期待値の手法があるのであれば、あとはそれらをどうやって回し続けるか?がとても重要になるからです。

    だから余計に、自分の人生の中でのFX(トレード)の位置づけというのが大切になるのではないかとそう思います。

    試行回数がこなせなければ、確率変数の優位性も活かせないですし、そうすると一回一回のトレードに正解を求めてしまい、出口の見えない迷宮に雁字搦めになる。

    その自分の生活とライフサイクル、そしてその中でトレードを両立させ、共存を目指す。それが今の自分のテーマなので思わずコメントさせて頂きました。

    どうもありがとうございました。

  2. マヒトさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます♪

    おっしゃる通り、自分の性格とライフスタイルにトレードを結び付けていくことはとても大事なことですね。
    引き続き「学習プログラム」で学んだ「資金管理」と「メンタル制御」の理論を活用して、「マイクの神器」という「トレード手法」を、自分に一番適した形で運用できるように設計していってください。

    マヒトさんの更なる進化を、マイクも楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*