BOE政策金利は据え置き、インフレ見通しを下方修正

こんにちは、マイクです。

今夜はBOE(英中銀)政策金利の決定結果が21:00に発表されました。

英国は米国の次に利上げに近い国と目されていますが、結果は0.05%に据え置きでした。

利上げの時期としては来年になるという見方が大勢だったので、予想通りの結果だったのですが、同時に発表された2017年度上期のインフレ見通しが下方修正され、更に、カーニーBOE総裁が「強いポンドはインフレ下押しに作用」などと発言したことを受け、ポンドは急落しました。

■利上げ期待
 ↓
■通貨高
 ↓
■インフレ下押し
 ↓
■利上げ時期後退

という堂々巡りの構図は米国とも同じですね。


ともあれ、いい流れが出てくれましたので、これに乗らない手はありません。


【GBPUSD】
■1分足
20151106GBPUSDM1

安値更新後に「マイクの神器」が出現です♪

BB+2σ&サポレジラインに引き付けてショートエントリー。

すぐに直近安値を割ると、そのままFE 100%も突破、その勢いでBB-3σにタッチしたところで決済。

+28.0pips


その後、ちょうどFE 161.8%まで到達しましたね。


さて、明日はいよいよ今週指標ウィークの真打、米国雇用統計です!

この結果が12月利上げの行方を大きく左右しますから注目していきましょう♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*