ECB金融政策現状維持と原油価格反落でリスクオフ

こんにちは、マイクです。

昨夜はECB(欧州中央銀行)の金融政策発表ドラギ総裁記者会見がありましたね。

結果は、

  • 政策金利:0.00%
  • 中銀預金金利:-0.40%
  • 限界貸出金利:0.25%
  • 資産購入額:月間800億€

ということで、全て現状維持となりました。


そして注目されたドラギ総裁の記者会見の模様はこちらです:




結局、記者会見でも追加緩和の示唆がなく、市場に失望を与えました。

同時に堅調推移していた原油価格が反落し、一気にリスクオフの流れとなりましたね。


昨夜のユーロドルの値動きを見てみましょう:

【EURUSD】
■5分足
20160422EURUSDM5

AがECB金融政策発表時、Bがドラギ総裁記者会見の時間帯となります。


■ECB金融政策発表の現状維持

■緩和期待の否定によるユーロ高・ドル安

そして

■ドラギ総裁の記者会見でも特に追加緩和の示唆なく失望

■原油価格反落

■株安・円高・ドル高(リスクオフ)

という流れがよくわかりますね。


来週には日銀金融政策決定会合もあります。

果たしてこちらは追加緩和があるのか、注目していきましょう♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*