FOMCは無風で通過 ~ 明日は注目の日銀金融政策決定会合!

こんにちは、マイクです。

今朝未明、日本時間午前3時にFOMCの金融政策が発表されました。

政策金利据え置きはコンセンサス通り、声明文も6月の文言を維持する部分が多く、ほぼ無風で通過しました。

「短期的なリスクは後退した」との判断を示したことで、瞬間的にはドル高の反応が出ましたが、特に次回利上げの時期を示唆する言及もなかったことで、「利上げはまだ先」というムードが支配し、結果的に市場はドル安に流れました。

【EURUSD】
■15分足
20160728EURUSDM15
オレンジの縦線が発表時です。

一瞬ドル高(EURUSD下落)に振れているのがわかりますね。

そして、その後はドル安の流れが継続しています。


さて、こうなると一段と注目が集まるのが、明日発表される日銀金融政策決定会合の結果です。

FOMC後のドル安の流れで円高となっているので、追加緩和への期待は一層強くなっています。

更に昨日、安倍首相が「28兆円を上回る経済対策」を表明したことで、ボールは日銀に投げられた格好になっています。


もしこれで大した金融緩和策が出てこなかったら・・・


僕らトレーダーには絶好のチャンスが来るということですね♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*