日銀金融政策決定会合とFOMCを通過しての流れは?

こんにちは、マイクです。

一昨日昼には日銀金融政策決定会合の、昨日未明にはFOMCの、それぞれ結果発表がありました。

市場の初期反応は、それぞれ円高ドル安でしたが、昨日の夜中からドルはじりじり強くなってきている感じですね。

実際、1時間足の「通貨パワー分析」を見ると、昨日のNYオープンまで最弱だったドルは、どんどん強くなって今日の欧州オープン前には何と最強となりました。

そこでドルスト3兄弟で売りを検討しますが、環境足で一番きれいにトレンドが出ていたのはGBPUSDでした。


【GBPUSD】
■5分足
20160923gbpusdm5

欧州時間に入り、アジア時間の安値を割ってきました。

そして、「マイクの神器」が出現です♪

執行足は1分なんですが、サポレジがわかりやすいように5分足のチャートを載せています。

例によって、「自動資金管理機能付きエントリー支援ツール【Deluxe版】」でストップライン(赤い水平線)とエントリーライン(緑の水平線)をセットしてセミオート注文。

あとはゆったり眺めて待つだけです♪

1分足でBB+2σが降りてきたのと同じタイミングでプライスがエントリーラインまでリトレースし、約定

実はこの後16:30にドイツのM-PMIがあったのでちょっと気を揉みましたが、そこで直近安値を突破、発表後の戻しもその安値で抑えられ順調に再下落。

FE 100%を割って、5分BB-3σタッチで決済。

+28.9pips


結局どんな時も

通貨パワー分析」で環境認識
 ↓
マイクの神器」出現
 ↓
エントリー支援ツール」で発注

の流れは変わりませんね♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*