そろそろPIPSを語ることから卒業しませんか?

こんにちは、マイクです。

昨日のNY時間に123.00タッチまで下落したドル円ですが、今日になって反発してきました。

1時間足、ダブルボトムの右側が昼前の大陽線。

こういう分かりやすいサインはありがたいですね♪

その流れに乗って運んでもらいましょう。


【USDJPY】
■1分足
20150728USDJPYM1

いつものように、「環境足」の条件を確認し、「上位足」の局面を判断して、「執行足」でお昼の高値のレジサポラインに引き付け、「マイクの神器」でロングエントリー。


すぐに直近高値を突破し、そのままBB+3σを突破して確定したところで利確。

+10.1pips


さて、マイクはブログの各トレード記録については、読者のみなさんが後でご自分のチャートで確認しやすいように、実際の獲得pipsを記載していますが、本来重要なのはそこではありません。

重要なのは、

どれだけのリスクを負ってその利益を取ったか

ということです。

つまり、各トレードにおけるリワード・リスク比ですね。

今回のトレードでは1.3です(ストップ幅に対して1.3倍の利益)。


そして、勝率とリワード・リスク比との組合せが、そのトレード手法のスペックを決定します。


そう考えると、

「月間○○○○PIPS獲得」

というフレーズには、殆ど何の意味もないことがわかります。


学習プログラム」で本物の資金管理を学んだ参加メンバーの方々は、既にそのような視点でトレード手法の性能を見極める力を付けています。

昨日もメンバーのYさんから、そんな成長を示すエピソードを聞かせて頂きました。

こういう本質的なことを当たり前に話せる人が、このプログラムからどんどん育っていくのは、本当に嬉しいことです♪


みなさんも、そろそろPIPSを語ることから卒業しませんか?


では、今日もポチっと応援お願いします☆
↓↓↓↓↓↓ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*