ADP雇用統計のADPって何?

こんばんは、マイクです。

今夜は21:15にADP雇用統計の指標発表がありましたね。

週末の金曜日には、みなさんお待ちかねの米国雇用統計の発表がありますが、ADP雇用統計はその2日前の水曜日に発表され、本番の雇用統計の前哨戦として注目されています。

ちなみに、今日は、

■市場予想:+20.0万人に対し、発表結果:+19.0万人

となりました。

予想より若干悪かったですが、市場には殆どインパクトはありませんでしたね。


で、このADP雇用統計の「ADP」って何かみなさんご存知ですか?


???


実はADPというのは会社の名前です♪

正式名称は、

Automatic Data Processing, Inc.

といいます。

米国で給与計算などの人事関連業務のアウトソーシングを請け負ってる会社なんですね。

それで、雇用関係の膨大なデータを持っているわけです。


にしても・・・

何てベタな名前の会社なんでしょう!笑


一方、本番の雇用統計は、米国労働省・労働統計局(U.S. Department of Labor, Bureau of Labor Statistics)が発表する一連の雇用関連統計です。

これらの中で特に注目されているのが、

  • 非農業部門雇用者数
  • 失業率

の2つです。


ADP雇用統計は、この非農業部門雇用者数を予測する数字として認識されています。


では・・・


実際に合ってるんでしょうか?


これはまあ、

「傾向としては合ってるが、数字そのものは結構乖離する場合もある」

という感じでしょうか。


さて、今月はどうなるか、みなさんもチェックしてみてください♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*