【保存版】MT4「Strategy Tester」の使い方(2:最適化編)

こんにちは、マイクです。

今日は前回の「基本編」に引き続き、「Strategy Tester」の非常に強力な機能である、「最適化」の方法について詳しく説明したいと思います。

「最適化」とは、EAのパラメタをいろいろ変化させて、どういう値の組合せの時に成績がよくなるのかを評価することを指します。

EAの設計には欠かせないステップですね♪


今回もわかりやすいように動画を撮影しましたので、どうぞご覧ください:



(ブログ内で上手く再生できない時はこちら


そう言えば、一つ動画で喋り忘れたことがあります。

「エキスパート設定」の「テスト設定」タブに「遺伝的アルゴリズム」のチェックボックスがありましたね。

最適化するパラメタの数が多いと、テストする値の組合せが天文学的数字となり、全ての組合せを虱潰しに調べることが現実的には不可能になります。

そのような際には間引きを行う必要があるわけですが、なるべく見落としがないように上手く間引きをする方法が「遺伝的アルゴリズム」です。

最適化するパラメタ数が少ない場合には、あまり気にする必要はありません。


さて、今夜は米国雇用統計ですね!

今回の雇用統計は、先週末のジャクソンホールでのフィッシャーFRB副議長の発言を受けて、更に注目度が高まっています。

派手なお祭りになることを期待しましょう♪


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*