驚きのマイナス金利! ~ イールド・カーブって何?

こんにちは、マイクです。

昨日のFOMC声明に引き続き、今日は日銀金融政策決定会合の結果が公表されました。

そして何と、日本初の

マイナス金利

導入が決定されたのです。


黒田日銀総裁は、つい先日の21日に参院決算委員会に出席し、

「現時点でマイナス金利政策を具体的に考えていることはない

と発言したばかりだというのにです!


そして、15:30からの会見では、マイナス金利導入の目的について、

イールド・カーブの起点を引き下げること」

により、金融緩和の効果を高めていくと強調していましたね。


これを聞いて、

イールド・カーブ

って何??

と思った方も多いかと思います。


イールド・カーブ(yield curve)とは、国債の利回り(yield)を償還期間に対して示した曲線のことです。

この利回りは刻々と変化します。


日銀のマイナス金利導入を受けて、イールド・カーブは黒田さんの思惑通り全体的に下押しされたでしょうか?

グラフを作成しましたので見てください:
yieldcurve
横軸が日本国債の償還期間(年)、縦軸が利回り(%)で、青い線が昨日、赤い線が本日のマイナス金利導入発表後のものです。

確かに期間2年以上のものは概ね0.1%ほど低下していますね!


では、国債の利回りが下がると、どういう効果があるのでしょうか?

それは単純に言えば、国債を買っても利益が出ないので、そのお金が株式市場に回って、景気がよくなるということです。


さて、実際はどうなるでしょうか・・・


では、今日もポチっと応援お願いします☆

↓↓↓↓↓↓ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*